menu

会社設立のキホン – やってみよう!会社設立手続き

会社設立のキホン

近年、自分で起業して、日本全国とくに、東京では会社設立したいと考える人が増えていますが、手続きはどのようにすればいいのでしょうか?
会社設立をスムーズにするためにはやるべき手続きをしっかり把握し、適切な順番で進めていくことが大切になります。
まず会社設立の手続きには公証役場で行うもの、法務局で行うもの、そして税務署で行うものがあげられ、ほかにも会社の所在地のある市町村役場や自分の住んでいる市町村役場で行う手続きもあります。

公証役場で行う手続きは定款の作成や認証で、これは会社の組織内容な決まり事を示すものですから十分時間をかけて作成しなければなりません。
紙の定款認証を行う場合、定款印紙代として40,000円かかりますが、最近では電子定款が主流になっており専用のソフトなどを使って作成することができます。
電子定款であれば定款印紙代がかからないため、会社設立時のコストダウンにもつながりますから、極力電子定款にする起業家が増えています。
定款の作成は専門家に任せることも可能で、費用もだいたい5,000円程度と安いので自分で作成する自信がない、あるいは時間がない場合は任せてもいいかもしれません。

次に法務局で行う手続きと言えば登記で、これは定款の認証を終えた後その内容を登録する作業のことです。
登記を行うことによって、会社として認められたことになりますから、これが終われば晴れて会社としてスタートできると考えていいでしょう。
手続き自体はそれほど難しいものではありませんし、定款の作成のようにややこしい点もほとんどありませんので自分でも簡単にできると思います。
登記の際には登録免許税を支払わなければならず、株式会社の場合は150,000円、合同会社の場合は60,000円になります。

そして税務署で行う手続きは主に登記事項証明書、印鑑証明、法人設立届出書を提出することです。
まず登記事項証明書と印鑑証明は会社を設立したことを証明する書類で、法人設立届出書は会社を設立したことを証明する書類です。
それぞれ提出しなければならないのですが、これは税務署だけでなく登記事項証明書と印鑑証明は労働基準監督署、公共職業安定所、社会保険事務に法人設立届出書は市町村役場へも提出しなければなりません。

このほかにも印鑑証明や印鑑登録をしなければなりませんし、会社の専用口座を開設するために銀行にもいかなければなりません。
さらに物件探しや会社で必要になる備品の購入、インターネット回線の手続きなどやらなければならないことはまだまだたくさんあります。
このように会社設立するためにはたくさんの手続きをこなす必要がありますから、計画的に進めていかないと思った以上に時間がかかってしまうのです。
それではどのような流れ進めていくのが一番いいのでしょうか?

まずはじめにやることは会社のビジョンを明確にすることで、これは会社名や事業内容、会社の所在地を決めることです。
この3つ会社設立のベースになる部分ですから、ここが決まらなければ前に進むことはできません。
したがってビジョンを形に変えるためにしっかりと考えておきましょう。

ここが決まったら次は資本金の額を決め、そのお金を集めなければなりません。
資本金は会社の運営やその他必要なところに使われるお金なので、事業を成功させるうえで重要なお金になります。
多い方が良いのは間違いありませんが、とりあえず事業をスタートさせて3カ月は様子を見れる程度の金額を用意しておくと安心でしょう。
資本金の集め方は株式会社の場合、自己資金や出資者を募る方法がりますし、合同会社はそのシステム上働く人全員で賄うことになります。

それが終わったら機関設計の作成をして、会社の骨組みを具現化していきます。
期間設計では会社の役員を誰にするか、監査役の有無、株主総会の権限などを決めます。
そしていつ会社をスタートさせるのか、事業年度を決めますが、これは節税対策のことも考えなければなりませんからその点も意識しておきましょう。
決算期は基本的に1年以内であればいつにしても構いませんから、自分たちの都合のいい時期に設定してください。
ただし売り上げが伸びやすい時期にすると利益の予測が立てづらくなりますので、比較的安定していて会社の資金もしっかりあるときがおすすめです。

ここまで決まれば後は会社の印鑑を作ったり、役員の印鑑証明を取得すればいいでしょう。
同時に会社設立費用の準備をしていつでも登録ができる状態にしておきます。
会社設立費用は株式会社の場合、200,000円から240,000円、合同会社の場合は60,000円から100,000円になりますので、公証役場にて手続きをしてください。

このように実際にやるべき手続きとそれを行うまでの準備と両方とても大切ですから、スムーズな会社設立となるようにひとつひとつ確実にこなしていきましょう。
専門家の力を借りるとさらにスムーズになるはずです。